債務整理を依頼する弁護士・司法書士の選び方

債務整理の基礎知識

債務整理を依頼する弁護士・司法書士はどこでもいいというわけではありません。

適当に選ぶと不要なトラブルが生まれたり、減額される金額が少なくなるなどのデメリットがあります。

債務整理専門の法律事務所を選ぶ

弁護士・司法書士と一言に言っても、担当する案件は多岐に渡ります。刑事事件専門の弁護士、離婚問題専門の弁護士がいるように債務整理専門の法律事務所を必ず選びましょう。

債務整理の実績が豊富

初心者より経験者。債務整理の実績は豊富な法律事務所の方が、貸金業者との交渉は優れており、借金を減額できる金額が大きく変わります。

経験の少ない弁護士・司法書士だと貸金業者の要求をそのまま受け入れてしまい、相談者に不利な条件で示談を締結する場合もあります。

WEBサイト上で実績をプッシュしている法律事務所を選びましょう。

費用が明確か

任意整理や過払い請求の場合、費用の内訳は「着手金」「基本報酬」「減額報酬」「過払い報酬」とパッとみてよく分からない項目が並びます。

この費用の内訳を明確にしている法律事務所を選びましょう。また、相談後に依頼する際に必ず書面で費用の内訳を出してもらいましょう。

費用内訳の項目

着手金

弁護士・司法書士に債務整理を依頼する際の手続料のようなものです。法律事務所によっては着手金は無料にしている場合もあります。相場は0円~40,000円程度です。

基本報酬

債務整理の対象にする貸金業者1件あたりにかかる費用です。件/◯◯円と記載されています。相場は20,000円前後です。

減額報酬

債務整理によって借金を減額できた金額に対して加算される報酬です。減額された金額の◯%と記載されています。相場は10~20%程度です。

過払い金報酬

過払い金が発生していた場合、回収できた過払い金に対して加算されます。減額報酬と同じく、回収した過払い金の◯%となっています。相場は20%前後です。

これら以外にも事務手数料や郵送代などが発生する場合もあります。

費用は安いほうがいい?

「安い=適当、悪い」というイメージもありますが、これは正直法律事務所によるでしょう。費用が安くてもしっかり対応してくれる法律事務所があるのも事実です。

費用安く、対応もしっかりしている法律事務所は新大阪法務司法書士事務所ですね。一般的に40,000円前後の着手金が無料なのは大きいです。

費用を分割払い、後払いはできる?

ほとんどの法律事務所が費用の分割払いに対応しています。新大阪法務司法書士事務所、ふづき法律事務所は分割払いに対応していますし、樋口総合法律事務所は分割払いに加えて後払いにも対応します。

親身になって相談に乗ってくれるか

弁護士・司法書士はただ相談者と貸金業者の間に入って交渉するだけではありません。あなたの生活や収入の状況をすべて踏まえたうえで、今後の返済プランを考えてくれます。

家族や恋人よりも話しづらいことを話さなくてはいけないのです。

「連絡が遅い」「対応が雑・ないがしろ「」弁護士・司法書士ではなく事務員が対応する」

こんな法律事務所は要注意です。

また、あなたのフィーリングも大切な要素です。「話しやすさ」ですね。意外に債務整理を相談する方はこの「話しやすさ」をないがしろにして失敗するケースがあります。

ほとんどの法律事務所は相談は無料なので、一度無料相談に行き、実際に話して弁護士や司法書士の人柄や対応を確認しましょう。

1件だけでなく、複数の法律事務所を見てもいいかもしれません。

<相談無料の法律事務所>
新大阪法務司法書士事務所
樋口総合法律事務所
・ふづき法律事務所

デメリットも教えてくれる

債務整理は夢のように借りたお金がなくなるわけではありません。任意整理であれば利息はなくなっても元金の返済は数年間続きますし、新たなローンやクレジットカードが作れなくなるなど明確なデメリットもあります。

このデメリットもきちんと説明してくれる弁護士・司法書士を選びましょう。仕事欲しさに美味しい話ばかりする弁護士・司法書士には要注意です。

主なデメリット

・ブラックリストに載る
・資産が回収される(自己破産)
・官報に記載される(自己破産・個人再生)
・職業の制限が出る(自己破産)

弁護士と司法書士、どちらがいい?

債務整理を代行できるのは弁護士と司法書士です。「弁護士だから減額できる金額が多くなる」「司法書士だから親身に相談に乗ってくれる」ということはありません。前述のとおり、法律事務所によります。

また、司法書士は借金の金額によって依頼できるかどうか決まります。140万円が基準なのですが詳しくは弁護士・司法書士・行政書士の違いで解説しています。

希望は大きい法律事務所の方がいい?

規模が大きいから良い法律事務所、規模が小さいから悪い法律事務所ということはありません。大手でも能力の低い弁護士・司法書士が在籍していることもありますし、個人事務所に近い小規模の法律事務所でも腕のよい弁護士・司法書士の場合もあります。

広告を多く出している=良い法律事務所ではない

インターネットやテレビで広告を大々的に出しているからといって良い法律事務所とは限りません。

「借金がすぐに無くなる!」など誇張した表現を多用している法律事務所も要注意です。信頼できる弁護士・司法書士は債務整理のリスクや今後の生活のことを厳しく相談に乗ってくれます。

まとめ

法律事務所は一般的な商品やサービス用に具体的なメリットを出しにくい職業です。出来ても費用の安さ程度でしょう。

違いを分けるのはやはり「対応」です。この対応を判断するには実際に会って話をするのがベストです。

まずは無料相談に行き、弁護士・司法書士と顔を合わせてください。

<相談無料の法律事務所>
新大阪法務司法書士事務所
樋口総合法律事務所
・ふづき法律事務所

債務整理の基礎知識


    PAGE TOP