債務整理は行政書士には依頼できない

債務整理の基礎知識

勘違いされやすいのですが、行政書士は債務整理を代行することはできません。
行政書士はあくまで役所に届ける必要のある書類を代わりに作成できる資格です。

なぜ勘違いされている?

債務整理を引き受けられるのは弁護士と司法書士(認定司法書士)です。

資格 債務整理
弁護士 (できる)
司法書士 (認定司法書士のみ)
行政書士 (できない)

司法書士は登記や簡易訴訟など法務局や裁判所に提出する必要のある書類を作成できます。
法務大臣の認定を受けた認定司法書士は簡易裁判所での民事事件を代行できるので、債務整理の業務を受けている司法書士がいるのです。

司法書士事務所の中には行政書士も兼任している法律事務所があり、これが「行政書士=債務整理ができる」と勘違いされている原因です。
資格試験の難易度は行政書士より司法書士の方がはるかに難しいので、行政書士の資格も取得している司法書士が数多くいます。

<詳しく>弁護士・司法書士・行政書士の違い

依頼を募集している行政書士は違法?

前述のように司法書士が行政書士も兼任している場合は違法ではありません。
しかし、弁護士の資格も司法書士の資格も持っていない行政書士が債務整理を宣伝していた場合は違法の可能性があります。
少しでも怪しいと感じたらその行政書士には依頼しないようにしましょう。

借金問題の相談だけなら可能?

あくまで代行ができないだけで相談のみなら行政書士でも可能です。
しかし、弁護士や司法書士を避けてわざわざ司法書士に相談のみ行くメリットはあまりありません。
初めから弁護士か司法書士に相談してください。

そうは言っても法律事務所って馴染みがないし、相談するのは怖いな…と思う人は多いと思います。
まずは時間のある時にインターネットで手軽に借金相談してみませんか?

それができるサイトが「街角法律相談事務所」です!

ネット上でできる上に、完全無料診断、実名も住所も入力せずに匿名で利用することができます。
試しに、自分の借金がいくら減るのか診断してみてください!

街角法律相談事務所

気軽に無料診断ができる街角法律相談所

書類関係なら依頼可能

行政書士でも取引履歴開示請求書や債務弁済の提案書の作成なら引き受けることができます。

自分で過払い請求や任意整理をしたいが書類の作成だけ行政書士に任せたい。
とりあえずこれまでの取引履歴を見て債務整理をするか考えたい。

上記のようなケースであれば行政書士に力を借りることはできます。

債務整理の基礎知識


    PAGE TOP