債務整理にかかる費用

債務整理の基礎知識

債務整理に必要な費用はどのくらい?

適切な債務整理をするために、1度は弁護士などに相談したほうが良いですよね。
弁護士に債務整理の相談をすると、相談量が30分5000円程度かかることが多いようですが、借金問題の相談は無料で受けられるところがあります。
無料で相談出来る代表的なところは「街角法律相談所」です。3つの質問を答えるだけで、自分にあった借金の返済プランを導いてくれます。

今すぐ確認できる街角法律相談所

それでは、債務整理する時に必要な費用を見ていきましょう。

任意整理を弁護士に依頼した場合

着手金として1社あたり2万円かかり、和解成立で減額された金額の10%前後、
過払い金請求をした場合、回収した金額の20%前後の報酬を支払うことになります。
また、他に切手代など費用がかかります。

個人再生で弁護士に依頼した場合

住宅ローンがある場合30万前後、住宅ローンがない場合25万円前後になります。
裁判所に支払う予納金は、弁護士や司法書士に依頼している場合が12000円程度、本人で行う場合が21万程度、
その他印紙代1万円がかかります。

自己破産を専門家に依頼した場合

弁護士の場合

着手金で20~25万円程度かかり、手続き終了後、報酬として20~50万程度かかります。

司法書士の場合

全体で15~30万円程度の債務整理ができます。その他、裁判所に予納金や印紙代1500円、切手代の費用がかかります。

自己破産の申し立てした場合

個人の場合

自分の財産がある時、の予納金は最低30万円必要になります。

法人の場合

最低50万円は必要になります。自分の財産がなく、同時廃止で自己破産をする場合の予納金は2万円程度になります。

特定調停で債務整理する場合

1社あたり印紙代500円で申し立てが出来ます。申立書の記入があまり複雑ではないので、自分で作成してできるだけ費用を抑えるという方法もあります。
そのほか、切手代が実費でかかります。

初期費用・着手金

任意整理の場合

費用相場⇒10万円~
着手金⇒債務者1社あたり4万前後

個人再生の場合

費用相場⇒40~80万円
着手金⇒40万円前後

自己破産の場合

費用相場⇒40~80万円
着手金⇒40~50万円

以上債務整理の費用全般でした。
金額の変化は特に任意整理を弁護士に行う時が多いのでしっかり調べてから借金を片付けていきたいですね!

債務整理の基礎知識


    PAGE TOP