自己破産を弁護士に依頼

自己破産の基礎知識

自己破産とは、裁判所に「破産申立書」を提出して「免責許可」をもらう事で全ての借金を0にすることができる事です。この自己破産ができる条件として、支払い不能になった場合に申請する事ができるのですが、借入金額や、年収、資産状況などから判断して自己破産できるかどうか判断されます。

自己破産のメリットとしては、借入金額が0円になる事です。手続きを開始してからは、消費者金融などの債権者は給料の差し押さえなどといった強制執行ができなくなり、ある程度の財産を手元に残す事が可能になります。

これだけ聞くとメリットは大きいですが、デメリットももちろんあります。まず、自己破産をした場合、5~10年間消費者金融やクレジットカードなどから借入する事ができなくなります。これは、自己破産をするとブラックリストに載ってしますからです。

金融事故として扱われるので、新たに申し込みをする事もできません。まさ、住所氏名が官報と呼ばれる国の機関紙に掲載され、免責決定を受けるまでは一部の職業で就けない仕事が出てきてしまいます。

この自己破産ですが、自己破産をする人の90%は弁護士に依頼していており、弁護士に依頼する理由は様々ですが、弁護士に依頼する方がメリットが大きいからだと言われています。

確かに、弁護士に依頼するとなるとそれなりの費用が掛かってきてしまいますが、自己破産を考えている人の多くは借金の事で疲弊しきっている人も多く、自分で行う事が難しいという場合が多いです。では、自己破産を弁護士に依頼するとなるとどうなるのでしょうか。

自己破産を弁護士に依頼するとどうなるの?自分でやる場合との違いは?

債権者からの取り立てを即日で止める事ができる

まず、自己破産の手続きを弁護士に依頼した場合のメリットとして、債権者からの取り立てを即日で止める事ができます。もし個人で自己破産の手続きをした場合、破産手続き開始決定が下りるまで債権者からの取り立てを止める事はできません。しかし弁護士に依頼した場合は、その時点で取り立てをストップする事ができます。

もちろん、消費者金融などの債権者への連絡も弁護士が代わりにやってくれるので嫌な思いをする事はありません。

面倒な手続きから解放される

自己破産の手続きは、申請書類の作成・財産の調査・裁判所への自己破産の申し立てなど非常に多くの書類作成や作業が多く、自分でやるとなると大変時間も手間も掛かります。ある程度、知識のある人はまだ良いですが、借金で悩みを抱えているのにこの作業をするとなると、精神的にも参ってしまう事が多いです。

もし、自分で自己破産をした場合、裁判所に何度も足を運び、書類に不備があれば不受理となり、書き直して又裁判所へ行くなど、大変面倒です。しかし、弁護士に依頼してしまえば、全て代行して行ってもらえるので、ストレスから多少なりとも解放される事になります。

とはいっても、全てお任せというわけではなく、必要書類など自分で集めなくてはいけないものもありますので、注意しておきましょう。

安心できる

知識があまりない人が自己破産を行うとなると不安ばかりが募って、心配で仕方ない事も多いはずです。しかし、弁護士に依頼するとなると、その道のプロの方にお願いするわけなので、非常に安心感を得る事ができます。

弁護士に言われたとおりに動きさえすれば良いのですから、あまり知識がなくても問題ありません。何より、自分自身がよく分かっていなくても問題ないのは知識が不十分な人にとっては何よりも大きなメリットになるでしょう。

免責許可の決定が早い

弁護士はその道のプロなので、どう考えても素人が自分で自己破産を行うよりもプロの弁護士に依頼した方が免責許可の決定を受けられる確率は上がります。免責許可の決定を確実に受けられるように書類の作成や手続きを行ってくれるし、審尋の時の答え方についてのアドバイスも行ってくれます。

自分で手続きを行うよりも明らかに免責許可の決定を受けられる確率が高くなるので、弁護士に依頼した方がメリットが大きいです。

即日面接により、手続きが早く終了する可能性がある

一般的に、破産手続き開始決定が下りるまでには、自己破産の申し立てを行ってから1~2ヶ月かかるのですが、弁護士に依頼した場合には、即日面接という制度があり、自己破産の申請を行ったその日に弁護士と裁判官が面接を行う事ができます。

そこで、債務者が支払い不能となれば、その日のうちに破産手続き開始決定が下りるため、1~2ヶ月掛かる期間を短縮する事が可能になります。ただし、この即日面接は東京地方裁判所など一部の裁判所でしか実施していないので、即日面接を受けたい場合は事前に調べてもらう必要があります。

以上、自己破産を弁護士に依頼した場合のメリットについてお話しました。弁護士に依頼した方がメリットが大きいので、費用の面は気になりますが、それ以上に安心感も得られることは間違いないです。是非、自己破産を考えている人は検討してみましょう。

自己破産の基礎知識


    PAGE TOP