自己破産後に住宅ローンは組める?

自己破産の基礎知識

自己破産をしてしまうと、全国銀行個人信用情報センターと呼ばれる全銀協というところに自分の信用情報が載ってしまいます。そうなると、自己破産の履歴は10年間消える事はありません。

クレジットカードや消費者金融の信用情報機関は、5年で消えると言われていますが、全銀協の場合は10年間は自分の信用情報が消えません。住宅ローンの審査を行う時、多くの金融機関では全銀協の信用情報を確認して判断を下します。

ですので、原則的に10年間は住宅ローンを組む事は厳しいのです。そこで、もしどうしても10年未満で住宅ローンを組みたいのであれば、全教銀に加盟していない機関で住宅ローンを組む必要があります。

また、全銀協の自己破産歴だけで判断しない機関で住宅ローンを組むことになってきます。そうなると、多くの地方銀行や都市銀行ではまず住宅ローンが組む事が難しいのが分かります。全銀協とは、銀行系の信用情報機関なので、まず、銀行が全銀協に加盟していないなんて事はありません。

という事は、銀行系の住宅ローンにいくら申し込みをしたところで、ほとんどの審査に通りにくいことが分かります。さらに、銀行系住宅ローンの場合、本審査では保証会社による信用情報の確認が入ります。とくに保証会社の場合は自己破産歴に対して厳しく、住宅ローンを組む事が難しいです。

また、一部の銀行では10年未満であるないに関わらず、例えば自己破産をした時に借り入れしていた銀行や保証会社の場合は生涯、住宅ローンを組めない可能性もあるので覚えておきましょう。

では、銀行系以外の住宅ローン会社であれば10年未満でも住宅ローンを組む事ができるのでしょうか。銀行系住宅ローン以外の会社をノンバンク系と呼びますが、一部の会社では全銀協に加盟してないところがあり、可能性としてはOKな場合もあります。

保証会社の信用情報は5年で消えるので、5年以上経っていると、住宅ローンを組める可能性は出てきます。ただし、銀行系住宅ローンと比べて金利がとても高いので、あまりオススメはできません。

では、何がオススメかというと「フラット35」という住宅金融支援機構になります。全銀協に加盟しているので10年未満であれば自己破産している事はバレてしまいますが、属性が悪くなければ自己破産という履歴が残っていても住宅ローンを組める可能性は残っています。

例えば、頭金をしっかり貯めていた人や、大手上場企業会社に勤めていて、年収が高く勤続年数が長いなど、様々な利点があれば自己破産歴が残っていても審査に通過する可能性はあります。ただし、住宅金融支援機構には仮審査がなく、本審査だけになりますので注意しておきましょう。

以上、原則的には10年以上経たないと住宅ローンを組む事は難しいことは分かったと思いますが、もし、住宅ローンを返済している間に自己破産をする事になってしまったらどうなるのでしょうか。

住宅ローンの返済中に自己破産をする場合

住宅ローンを組んでいる時に、返済が厳しくなってしまって自己破産をしようと考えた場合、もし、抱えている借入が住宅ローンだけであれば自己破産をする必要はあまりないと言えます。

自己破産などはせずに、任意売却で自宅を売却してしまい、借入金額を圧縮してしまいましょう。処分してしまうと、借入の返済額はかなり減るはずです。自己破産を考える前にまずは、任意売却を考えましょう。

それとは別に他社から借入をしており、どうしても自己破産をしたいという場合であっても任意売却はした方が良いです。例えば、弁護士に自己破産を依頼した場合、マイホームを任意売却か競売にかけるか選択させられます。

どちらも、自己破産をするのであれば、あまり関係ないのですが、任意売却をした方がやや有利になります。また、自己破産が成立するまでの期間が短く、引っ越し資金も競売に比べて大きいです。

また、自己破産をすると給料の差し押さえがあるかもしれないので注意しておいて下さい。自己破産を申請して、免責が認められる前までに給料の差し押さえがある事もあるので、そうなった場合も考えておきましょう。

以上、住宅ローンを組んでいる時でも自己破産をする事はできますが、住宅ローン自体はなくなりません。自己破産をした本人には返済義務はありませんが、連帯保証人が完済まで支払う必要があります。しっかり、考えて自己破産をしましょう。

自己破産したら住宅ローン以外にも影響あるの?

先ほども少し触れましたが、自己破産をした時は、住宅ローンを組むのが難しくなるだけでなく、自動車ローンやカードローンを組む事も難しくなります。それは、全銀協とは別に、信用情報機関と呼ばれるところに自己破産の履歴が金融事故として残るためです。

ただし、この自己破産の履歴は5年で消えると言われています。ですので、クレジットカードや消費者金融のカードローンを組む場合は、5年以上経過すればブラックリストから消えるので、申し込みをする事は可能です。

もし、自己破産をした人で5年以上経っているかどうか気になるという場合は、信用情報機関を開示してもらう事ができるので、問い合わせをしてみましょう。

以上、自己破産と住宅ローンについてお話してきました。自己破産をした場合、原則10年は住宅ローンを組む事が難しいです。どうしても住宅ローンを組みたい場合は、10年待つのが一番最善な方法と言えるでしょう。

しかし、今自分が抱えている借金は本当に自己破産しなければならないのでしょうか?

自己破産するには大きな負担を伴います。自分の借金を見つめなおすためにも、
まずは「街角法律相談所」の無料診断を受けてみませんか?

3っの質問に答えることで借金の改善方法をしることが出来ます!
まずは、匿名無料診断で見直してリスタートしましょう!

無料診断で借金の今後がわかる

自己破産の基礎知識


    PAGE TOP