自己破産を相談【弁護士・法テラス】

自己破産の基礎知識

弁護士に相談

自己破産をするとなった時、自分で自己破産の手続きを行う事もできますが、書類を作成したり、裁判所に何度も足を運んだりと手間も時間も掛かってしまいます。そこで、できれば弁護士に相談する事をおススメします。

弁護士はいわゆるその道のプロです。素人に比べると、知識も豊富な上に手続きの手順も心得ています。例えば、自己破産の申請書に不備や補充などがあっても全ての対応をしてくれるのは弁護士です。

又、弁護士に依頼した時点で債権者からの取り立てをストップする事ができます。本来、自己破産の申し立てをすれば債権者からの取り立ては止まるはずなのですが、ヤミ金融などになると何とかして徴収しようとあの手この手で取り立てに来ます。

しかし、弁護士が付いているとなると悪徳業者も態度を変えてくるので、取り立てを行う事が難しくなります。また、弁護士を利用する事で安心感が生まれます。とくに知識が不十分な人にとっては専門家に依頼するというだけでも不安が解消されます。

そして、免責許可の決定を確実に受けられるようにしっかり書類を作成し、手続きを行ってくれるので弁護士を利用するメリットは大きいです。では、弁護士でなく法テラスに相談するとどうでしょうか。

法テラスに相談

法テラスとは国が設立した司法援助機関になります。正式名称を「日本司法支援センター」と言います。法テラスではお金のない人たちのための支援を目的に設立されています。では、法テラスで自己破産を依頼した場合、いったい何をしてくれるのでしょうか。

まず、法テラスで自己破産の手続きを依頼した時、民事法律扶助を利用することになります。内容としては債務整理手続きにかかる弁護士費用を法テラスが立替払いしてくれるのです。経済的に余裕がない場合、弁護士に支払う費用がない場合も多いです。

そのような場合、法テラスでは依頼人に代わって弁護士費用を立て替えてくれるのでお金がなくても利用できます。もちろん、立て替えてもらっているので、後々は返済していかなければなりません。

返済は分割でもOKです。法テラスの分割金に関しては利子が付かない上に、月々1万円程度の少額になるので、利用がとてもしやすいです。ただし、利用する場合は法テラスの審査に通過する必要があるので注意しておきましょう。

司法書士は弁護士はどう違うのか?

司法書士は書類作成代行が主業務です。原則、法律行為を代理することは出来ません。

司法書士は報酬が低めなことが多く、債務総額が140万円以下だとわかっている場合は司法書士に依頼するメリットがあるといえます。
少しでも破産費用を抑えたいのであれば、司法書士に依頼するのもよいかもしれません。

相談に費用はかかるか

まず、法テラスを利用する場合、相談は無料です。事前に無料相談の予約をするのですが、その時に収入や資産状況について聞かれ、相談日までに必要な書類の指示があります。相談日が決まると、法テラスで弁護士と自己破産について30分間相談する事ができます。

もし、1回目の相談だけで納得がいかない場合は3回まで無料です。ただし、一般的には3回とも別の弁護士になる可能性が高いので「もう一度〇〇さんにお願いします」という要望は受け入れられませんので注意しておきましょう。

では、法テラスを通さずに直接弁護士にお願いするとなると、相談料として30分5000円、個人の場合一般的にはかかってきます。ただし、最近では無料相談を受け付けている法律事務所も多いので調べてみると良いです。

しかも、無料だかといって手抜きされるという事はありません。安心して相談できる弁護士が多いので、もし経済的に余裕のある場合は、自分自身できになる弁護士事務所を調べて曽相談に乗ってもらうと良いでしょう。

弁護士に依頼した場合に掛かる費用というのは、相談して正式な申込をしてからです。自己破産の内容によって掛かる費用は違ってきますが20万円~40万円と幅広いです。安いからといって、サービスが悪いというわけではありませんので、心配しなくても大丈夫です。

以上、相談料としてはどちらも無料になる事が多いです。安心して相談してみましょう。

相談してから手続きが始まるまでの流れ

最初に弁護士に依頼した場合の流れを見ましょう。まず、自分自身で気になる法律事務所を探します。見つかったら、電話かもしくはインターネットで自己破産の相談の申込をします。その後、弁護士さんに相談をし、自己破産の流れや必要な書類などの説明を受け、費用面も加え納得できれば申し込みという形になります。

正式な申し込みが受理されたら、後は弁護士さんの指示に従って書類作成などをしていくだけです。また、免責許可の決定を確実なものにするために審尋で何が問われるかなど細かく教えてくれるのでしっかり、指示通り動きましょう。

次に法テラスに相談する場合は自己破産の場合収入要件があります。ただし、多くの個人の場合はほとんどの人が利用できると言えます。法テラスに相談する時は、まずご自身のお住まいのお近くの法テラスに相談の予約を入れます。

その時に自己破産を検討している旨を伝え、相談日までに必要な書類の作成などの指示が行われます。そして、法テラスから紹介された弁護士さんに相談となります。法テラスに持っていくものとしては印鑑と借入の取引を証明できるものが一般的です。

その後、自分が納得のいく相談ができれば正式な申込という流れになり自己破産の申し立てを弁護士に依頼する事になります。

以上、自己破産を専門家に相談した時の流れについて説明しました。自己破産をする人の中で弁護士を利用する割合は9割です。知識の少ない人は専門家に相談した方が無難なので、是非まずは無料相談から利用してみましょう。

自己破産の基礎知識


    PAGE TOP