過払い金請求とは?

過払い金請求の基礎知識

過払い金請求は自分でできる?

過払い金請求とは、業者に払いすぎたお金を返してもらえるように請求することを言います。しかし、利用者が払い過ぎに気づくことはなく、債務整理を検討していて過払い金があることに気づく人がほとんどのようです。

過払い金請求は、個人でも行えますが、過払い金の有無を調べるために取引履歴がわかる書類を取り寄せる必要があります。業者は、取引履歴を開示する義務がありますが、応じてもらえない場合もあります。その理由には、

近年、過払い金というものが知られるようになり、過払い金請求を起こす人が増えていることが理由のひとつといえるでしょう。応じてもらえない場合は、弁護士や司法書士に依頼して取引履歴を取り寄せてもらうと良いでしょう。

過払い金請求をするには、過払い金がいくらぐらいあるのか調べる必要があります。受け取った金額によっては、弁護士などに着手金や成功報酬を支払って、自分の手元にはほとんど残らなかったというケースもあるようです。

返済している途中でも、利息の引き直し計算をすると返済を終えている場合があります。それにもかかわらず返済をつずけていることが分かったら、過払い金請求をする手続きを検討してみましょう。個人でもできますが、弁護士などに依頼した方がスムーズに行えます。

過払い金請求をした場合、個人信用情報機関のブラックリストには載りませんが、業者の記録には残るようです。そのため、その業者での新規のローンができなくなる可能性があるようです。それでも、払い過ぎたお金は取り戻した方が良いでしょう。

過払い金がいくら戻るのか法律相談所に行かなくてもわかる方法があるのです!
それが「街角法律相談所」

誰にも気づかれずに借金の状況把握を出すことが出来るのです!
まずは「無料診断」へ

<診断無料>街角法律相談所

過払い金請求の基礎知識


    PAGE TOP