個人再生を弁護士に依頼

個人再生の基礎知識

個人再生とは

個人再生とは、債務処理の手続きの1つになります。債務処理には、その他に、任意整理や特定調停、自己破産などがありますが、個人再生の場合は借入の減額を目的とした手続きの事を指します。

また、個人再生の手続きは借金を減らすだけではなく、例えばマイホームを持っていたとしたら自己破産をすると住宅を手放す事になりますが、個人再生だと住宅を守る事が可能です。しかし、この個人再生は誰でも利用できるわけではありません。

個人再生を利用する絶対条件とは「支払い不能のおそれ」がある人です。この判断は裁判所が行うので、自分で勝手に判断をする事はできません。また、安定した収入も必要です。自己破産と違って、返済を継続して行わなければならないので、収入が0円だと手続きできません。

そして、住宅ローンを除いて借入総額が5,000万円以下である事も条件の1つとなります。個人再生が可能かどうか気になる人は、インターネットにシュミレーションがあるので、是非、利用してみると良いです。

個人再生はどうやって行うのか?

まず、個人再生の申し立てから再生計画の認可決定までに要する時間はおおよそ4カ月から半年みておく必要があります。これは、東京地裁なのか地方地裁によっても変わってきますので、調べておく必要があります。

また、個人再生を自分で行うのはかなり困難です。それに弁護士を立てる事なく、個人再生の申し立てを行うと個人再生委員が選ばれ、その人に支払う費用がかかってしまいます。だからといって、弁護士に頼んだら早く手続きが終わるのかと言われるとそういうわけでもありません。

通常、弁護士に相談していらしてから申し立てまでに1~2ヶ月はかかると思っておいた方が良いでしょう。事前に債権者と協議したり、書類を作成したり、計画弁済額の算定をしたりと準備に大変時間がかかりますので、最低でも1カ月はかかるものだと覚悟しておきましょう。

再生手続きの開始が決定したら、債権届出を行い、異議申述、再生計画案の提出が終わったら書面による決議がなされます。その後、再生計画認可決定が出され、確定したら返済が開始という流れです。

もし、これらの事を個人でやろうと思ったら非常に大変です。では、弁護士に依頼するとなるとどんなメリットが生まれるのでしょうか。

弁護士に依頼する場合と自分でやる場合の違いって何?

個人再生の手続きを自分で申し込むとなると、手間も時間も掛かりますし、何より専門的な知識も必要です。それに、経済的に余裕がなくて個人再生の手続きをしているのに、さらに心に余裕がなくなってしまいます。

その点、弁護士に個人再生を依頼すると、知識が不十分な人の場合、安心感が大きいです。民事再生法の勉強をする必要がなくなるので、その分時間も手間も省く事ができます。また、自分で個人再生を行った場合、裁判所に何度も出向いたり、書類作成をしたりと大変です。

しかし、弁護士に依頼すれば自分だけで対応するという事がなく、例え書類に不備があったとしても安心です。また、弁護士に依頼すると債務整理を受任した時点で債権者に通知がいくので、消費者金融などの取り立てがその時点でストップします。

なぜかというと法律では弁護士が介入した後、直接取り立てを行ってはいけないという規定があるからです。また、個人で個人再生を行った場合でも取り立ては一般的には申し立てを行った時点でストップするのが普通です。

ただ、中にはサラ金や悪徳金融業者などが申し立て後も取り立てを止めない場合があります。もし、そこで弁護士がいれば相手も態度を変えてくるのですが、居ない場合は上手くすり抜けてくる可能性があるので大変です。

そして、個人再生の申し立てをしても弁護士がいなかったら自分で主導していく必要があります。確かに個人再生委員は選任されますが、各種手続きは自分で行う事が鉄則です。個人再生においては法的な面においても複雑な事が多く、かなりの勉強が必要です。そういった面でも弁護士に依頼する方が良いと言われています。

もちろん、債権者の対応も自分自身で行わないといけません。債権者の対応は精神的にもかなりストレスが大きいし、相手はその道のプロなので容赦ありません。それを避けるためにも弁護士に依頼した方が良いと言えます。

以上のことから弁護士に頼むメリットはたくさんあります。しかし、費用が掛かるのも事実です。やはり、弁護士に依頼するとなるとそれなりに費用がかかってしまいます。もし、どうしてもまとまったお金を準備する事ができない場合は法テラスを利用すると良いです。

法テラスが相談無料なのはもちろんですが、最近では、弁護士への相談も無料なところが多いのでまずは相談してみると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。個人再生を弁護士に依頼した場合についてお話してきましたが、やはり自分自身で個人再生を行うのは大変困難です。弁護士に依頼した方がメリットが大きいので、是非弁護士にお願いして個人再生の手続きを行ってもらいましょう。

個人再生の基礎知識


    PAGE TOP