個人再生のメリット・デメリット

個人再生の基礎知識

個人再生のメリット

まず、個人再生をする最大のメリットと言えば、マイホームを手放さなくて良いという点です。せっかく、手に入れたマイホームを自分の借金の性で、手放してしまうとなるのは、やはり心苦しいです。

しかし、個人再生ならマイホームを手放さなくても住宅を守る事ができます。そして、住宅ローン以外の債務が5分の1になるので、毎月大変だった返済もかなり緩和される事になります。

さらに個人再生の場合、「どうして借金をしたのか」借金の理由を問われることはありません。ですので、借入をした原因がギャンブルやパチンコ、ブランド品の購入や浪費など、どんな理由であっても関係ないです。ですので、例え人には言いにくいような借入の理由であれ、手続きをする事が可能です。

最後に、自己破産をする場合、一部の職業によっては一定期間制限が設けられ、仕事をする事ができない場合があります。例えば、弁護士や税理士、警備員、建設業者などが対象となります。しかし、個人再生の場合、どんな職業でも大丈夫なので安心して手続きを行う事ができます。

以上、個人再生のメリットを説明しましたが、もちろん個人再生をするとデメリットも発生してしまいます。では、どんなデメリットがあるか見ていきましょう。

個人再生のデメリット

まず、個人再生のデメリットとして、誰でも手続きを行う事ができないという点です。個人再生の場合、住宅ローンを除いた借入総額が5,000万円以下である事と返済能力がある事が条件となります。

ですので、無職の人は申し込みの手続きが行えません。住宅ローン以外の借入を3年以内に完済してしまう必要があるので、安定した収入が必要になります。また、信用情報機関に金融事故として個人情報が載ってしまいます。

いわゆるブラックリストと呼ばれるものです。例えば、個人再生をした後に新たな借入をしたいなと思ってもお金を借りる事が難しくなります。信用情報機関とは、個人のクレジットヒストリーが載っているものです。

例えば、クレジットカードの返済が遅れたり、携帯電話の支払いが滞ったりすると信用が傷つき、申し込みができなくなってしまいます。もし、個人再生をしてブラックリストに載ってしまった場合、新たに借入ができるのは最短で5年です。5年間はクレジットカードや消費者金融のカードローンに申し込みができないので注意が必要です。

以上、個人再生のデメリットについてお話しました。では、個人再生を行った場合、周囲に個人再生をしたことがバレないのでしょうか。

周囲に個人再生がバレるか

借金を抱えている人の多くは自分自身が借金をしていることが他人にバレるかどうかすごく気にしている人が多いです。早く完済したいのはもちろんなのですが、どうしても個人再生をする事で周りにバレないかどうか気になるという人もいるでしょうが、結論から先に言ってしまうと会社や家族にはバレる可能性があります。

自分自身で個人再生の手続きを行うと裁判所から郵便物が自宅に送られてくるので、家族がどうしても不審に思ってしまいます。しかし、弁護士を利用すれば、全ての書類が弁護士事務所に届くようになるので郵便物で家族にバレることはありません。

ただし、既婚者で共働きの場合は配偶者の給与明細や源泉徴収票が必要になるので、バレる可能性が上がります。また、個人再生の手続きを行うためには退職金額証明書が必要となります。そうなると、会社で退職金額証明書を発行してもらわないといけないので、会社の人に「なんで必要なのか」聞かれる可能性が出てきます。

この時の上手い言い訳としては「家を購入するために必要になった」など前もって言い訳を考えておくことでバレる可能性は低くなります。また、個人再生をすると、国が発行する新聞である官報に住所と氏名が載ってしまいます。

ほとんどの人が、この新聞を購入する事はありませんが、新聞に個人情報が書かれるので、知っている人が見たらバレてしまう可能性もあります。

このように、個人再生を行うことで周囲にバレる可能性はありますが、だからといってそのまま借金を膨らませていっても仕方ありません。どうしようかと迷っている間にもどんどん、利子が増えていき、状況は悪くなっていきます。

どうしても返済が厳しいと思ったら、弁護士などに相談して早期に問題解決を図りましょう。また弁護士に頼むとなると、費用の面が気になるかもしれませんが、どうしても工面できない場合は法テラスを利用するという手があります。

法テラスは、経済的に余裕がない人が対象となっているので、法律相談も無料です。お近くの法テラスまで問い合わせをして是非、相談してみましょう。

以上、個人再生のデメリットについてお話してきました。マイホームは手放す必要はありませんが、周囲にはバレてしまう可能性はあります。しかし、そこで二の足を踏んでいても状況は改善されません。是非、一歩踏み出しましょう。

個人再生の基礎知識


    PAGE TOP