個人再生に必要な費用

個人再生の基礎知識

個人再生に必要な費用

個人再生にかかる必要な費用は、自分自身でするのか、司法書士に依頼するのか、弁護士に依頼するのかなど様々なケースによって違いますが相場としては40万円~80万円と言われています。

また、自分自身で個人再生を行う場合は25万円~30万円程度と言われています。しかし、自分自身で個人再生を行うとなると、かなりの覚悟が必要になります。多少なりとも法律の勉強が必要になりますし、書類の作成から債権者への対応も全て自分自身で行わなければなりません。

それに、自分自身で個人再生を行ったとしても結局のところ、個人再生委員を選任しなければならず、報酬として費用を支払う必要が出てきてしまいます。したがって、自分で個人再生を行うよりも弁護士や司法書士に依頼する方が得策だと言えます。

確かに自分で行うより弁護士に依頼した方が費用は多くかかってしまいます。では、個人再生を行うにあたり、どこに費用が掛かっているのか見ていきましょう。

費用の内訳

まず、自分自身で個人再生を手続きするとなると、裁判所によって多少金額は異なりますが、費用の多くは個人再生委員への報酬に充てられます。まず、申し立て手数料として、収入印紙代1万円、郵便切手代が1,000円以上、官報掲載費用が1~2万円程度、そして、個人再生委員への報酬が20~30万円となります。

これらを合計するとだいたいの相場は、25万円~30万円程度です。では、次に弁護士へ依頼する場合の内訳を見てきます。弁護士へ依頼する場合費用は40~80万円と幅広いです。これは、法律事務所によって金額がマチマチというのもありますが、安いからといって良いサービスを受けられないかと言えばそういうわけではありませんので安心して下さい。

まず、弁護士の報酬として30万円~50万円が掛かります。しかし、弁護士が代理人になる場合、個人再生委員を選任しないケースがあるので、そうなると個人再生委員への報酬が必要なくなります。これは、弁護士に依頼するメリットとも言えるのですが、もし必要なければ費用が格段と安くなります。

ですので、個人再生委員への報酬が必要な場合は10~15万円、その他諸費用として1~2万円が必要です。確かに費用の面だけ見ると、個人で申し立てをするよりも掛かってしまいますが、依頼者の負担が減り、そこが最大のメリットと言えるでしょう。

最後に司法書士に依頼した場合の相場ですが40~60万円です。司法書士への報酬が20万~30万円、個人再生委員の費用が20万円程度、その他諸費用が1~2万円掛かってきます。

司法書士のメリットとしては、弁護士に依頼するよりも費用が抑えられる事ですが、裁判官との面接がある場合は自分で行う必要があります。司法書士は書類の作成と提出が主な仕事のため、その分弁護士と比べて費用は安いです。

また、弁護士よりも司法書士に依頼した場合の方が個人再生委員が選任されるケースが多いです。そうなると、せっかく費用を抑えたつもりでも、弁護士に頼むのと同じ金額になってしまう事もあります。ですので、司法書士を選ぶ場合は、事務所選びも重要になってきます。

以上が、個人再生を行った場合の費用の内訳です。個人再生を自分自身で行うのは限界があるので、できれば弁護士に依頼する事をオススメします。しかし、やはり費用が厳しいという場合はどうしたら良いのでしょうか。

費用の用意が難しい場合は

そもそも、個人再生で借金の返済を減らそうとしている人が上記のようなお金をすぐに用意できるというのは難しい事なはずです。そこで、まずは、シュミレーションを使って借金を減額できる可能性があるのかどうか調べてみましょう。

インターネットでは無料シュミレーターを試す事ができます。まずは、ご自身に合った債務処理の選択肢を探っていきましょう。その後、無料相談で弁護士に相談してみましょう。最近の法律事務所では、無料で相談を受け付けているところが非常に多いです。

今よりも状況が悪くなる前に、まずは一度無料相談で相談してみる事をオススメします。もし、仮に依頼する事になったとしても、初期費用0円、弁護士費用が分割払い可能という事務所もあります。

また、どうしても費用の面が解決しない場合は法テラスを利用する事も可能です。お近くの法テラスにまずは予約をして、無料相談をしてみましょう。そうすると、法テラス側が弁護士を立ててくれるので、納得がいけばお申込みという流れになります。

費用ですが、法テラスが立て替えてくれるので、分割払いにて返済する事が可能です。また、経済的に余裕がない人のために設立された機関なので、利子はありません。どうしても困った時は是非利用しましょう。

以上、個人再生の費用についてお話してきました。自分自身で個人再生を行う事は、もちろん可能ですが、あまりオススメはできません。弁護士を利用した方が遥かにメリットが大きいので、是非自分自身で無料相談できる法律事務所を探してみましょう。

個人再生の基礎知識


    PAGE TOP