個人再生と住宅ローン

個人再生の基礎知識

住宅ローンの返済中の場合、個人再生をするとどうなるか

個人再生の最大のメリットは、住宅ローン以外の借入総額を減額出来る点があります。
しかし、本当にマイホームを手放さなくても個人再生を行うことが出来るのでしょうか。
先に結論から申上げますと、答えは「ローンが大きく残っている場合、一定条件を満たせば残すことが出来る」です。
自己破産の場合、住宅を失うことになります。これに対し、個人再生は不動産を手放すことなく債務整理をする方法で
「ローン中のマイホームを残すことが出来る」という住宅ローン特則を利用することが出来ます。
では、どのようにして住宅を残すのでしょうか?

住宅ローンを残すには…

「住宅ローンの残高」と「現在の自宅の価値」の差によって決まります。

もし、現在の自宅の価値、つまり売却価格が住宅ローンの残高より上回っていたら個人再生の手続きが難しくなります。
例えば、売却価格が1600万円とします。そして、住宅ローンの残高が1300万円残っているとします。
そうすると、自宅を売却してしまえば、手元に300万円が残ることになります。
そうなると、資産価値として財産がある事になってしまうので、個人再生を行うことは難しくなります。

個人再生では借金総額の方が多く、今、持っている財産を債権者に分配することで、足りない部分の借入を免除してもらうものです。
そのため、手元にある財産は債権者に分配することが原則となるため、このような場合は個人再生を行う事が難しいです。
また、個人再生の場合、財産を手元に100万円まで残す事ができます。100万円を超える場合は厳しい条件があるので注意しておきましょう。

では、先ほどの300万円の差額ですが、この場合個人再生を利用しても300万円以上の金額を返済しなければならなくなります。
例えば、通常の債務が700万円だったとしたら、本来140万円の減額となり、140万円の返済と1,300万円の住宅ローンを返済していくことになります。
しかし、300万円の財産があるので、住宅ローン以外の借入について300万円以上の返済をしなければなりません。
実際には700万円が300万円になり、残りの1,300万円を返済していく事になります。

これが、さらに住宅ローンの残高と現在の自宅の価値に大きな差が出てしまうと、
個人再生を利用する事は不可能になってしまいます。

このような場合、個人再生を利用することはできないので注意しておきましょう。
また、住宅ローンの残高が現在の売却価格より高い場合においても自宅を残す事ができない場合があります。
個の条件は非常に難しいので弁護士に相談する事をオススメします.

個人再生後は住宅ローンに通るか

過去に個人再生をしたことがある人で、住宅ローンが組めるかどうか気になる人もいるはずです。
もし、個人再生をしてしまうと信用情報機関に金融事故として記録が残ることになります。

ブラックリストの存在

信用情報機関とは、いわゆるブラックリストの事です。一度、ブラックリストに載ってしまうと、新規で住宅ローンを組む事が難しくなってしまいます。
ただし、一生、金融事故の記録が残るわけではありません。
個人再生を行った後、しっかり期日を守って返済をし、完済をする事ができれば、完済後、5~7年経つと、金融事故は削除されるようになっています。
したがって、最低5年経過すれば新たに住宅ローンを組む事は可能でしょう。

住宅ローンを組むためには…

また、信用情報機関に傷が付いてしまっても、例えばある程度お金を持った人を連帯保証人に付ける事ができれば住宅ローンを組める場合もあります。
さらに、個人再生を行うと、国が発行する新聞の官報に氏名と住所が記載されてしまいます。
そこに掲載されてしまうと、全銀協と呼ばれる全国銀行個人信用情報センターに情報が10年間載ってしまいます。
多くの人が銀行系の住宅ローンを申し込むと思いますが、
もし、銀行系の住宅ローンに申し込みをすると最低でも10年間は住宅ローンが組めない事になってしまいます。
つまり、一生、住宅ローンが組めないわけではありませんが、ある程度期間を空ける必要があると言えるでしょう。

個人再生をすると他にどんな影響があるのか

個人再生を行うと、ある程度の期間、住宅ローンが組めないという事は分かったと思いますが何も住宅ローンだけとは限りません。
自動車ローンやクレジットカード、消費者金融のカードローンなど新たに申し込みをして借入することも難しくなります。

借り入れは5年我慢

なぜかというと、上記でも説明した通り、信用情報機関に金融事故として履歴が残ってしまうからです。
これらに関しても、最低5年が経過すれば信用情報が消えるので新たに借入する事は可能です。
したがって、個人再生を行ったら最低でも5年間は新たな借入ができなくなります。

 

以上、個人再生と住宅ローンについてお話してきました。
個人再生には住宅を残せるというメリットがありますが新たに住宅ローンを組むのが難しくなるというデメリットも生じてしまいます。

だからといって、何もしないままでいると状況は悪くなる一方です。もし、借金でお困りの場合は24時間対応の「街角法律相談所」がおすすめです!

<24時間いつでも対応>街角法律相談所

個人再生の基礎知識


    PAGE TOP