債務整理のメリットとデメリット

債務整理の基礎知識

メリット・デメリットを比較

債務整理の大きなメリットは複数ある借金を整理して、毎月の返済額を減らしたり、返済総額を減らしたりなくしたりすることが出来ることです。
これによって、経済的な負担が軽くなります。
デメリットは、どの方法で債務整理を行なってもブラックリストに情報が載ってしまうことです。

任意整理

メリット

  • 原則として手続き完了後、将来利息が免除されるので、完済が早まる
  • 利息制限法により債務総額が減少する(過払いになっていることもある)
  • 裁判所に通さず交渉出来る(周囲にばれにくい)
  • 弁護士や司法書士に依頼し手続きに入るとすぐに取り立てが止まる

デメリット

  • 借入が今後5年間出来なくなる(ブラックリスト)
  • 自己破産や個人再生と比較すると債務を減額させる効果が高くない・保証人への影響がある。(保証人とともに任意手続きを行うこともある)

個人再生

メリット

  • マイホームを手放さなくて良い
  • 借金が大幅に減額される。借金が原則5分の1に減額される
  • 借金の理由が問われない・職業制限がない。あらゆるケース借入でも手続き可能

デメリット

  • 信用機関に事故情報が載る。信用情報に掲載される期間は最短5年~10年
  • 官報に載る
  • 認められる為の条件が厳しい⇒返済能力があること、借金総額が5千万以下であることが求められる

自己破産

メリット

  • 借金が0になること
  • 金融業者からの取立てから解放され精神的に楽になる

デメリット

  • 財産を失う(20万以上の価値のある財産はすべて没収されることになる)
  • 官報に載る
  • 破産者名簿への記載

特定調停

メリット

  • 裁判所が間にはいるので債務者本人と債務者と交渉する必要がない(素人でもできる)
  • 費用が圧倒的に安い金額(1社あたり500円)
  • 減額について話し合いたい債務者を自由に選んで行うことが出来る

デメリット

  • 調停が成立すると判決と同じ効力があるので調停成立後に支払いが遅れると差し押さえを受ける可能性がある
  • 5~7年程度信用情報機関のブラックリストに載ってしまう

債務整理は、どの方法でも借金が減ったり、返済がなくなったりするというメリットがあり、それによって生活の立て直しができるようになります。
その反面、デメリットとしてブラックリストに情報が載るので5~7年程度はローンやクレジットカードが使えなくなります。

 

ここで今借金を抱えていて債務整理について悩んでいる方に必見です!

「街角法律相談所」では3つの質問に答えるだけで債務整理の専門家である弁護士と司法書士を見つけてくれます!
借金を少しでも軽くしたいという方ぜひ無料で出来るのでお試しください!

<債務整理の方法がわかる>街角法律相談所

債務整理の基礎知識


    PAGE TOP