任意整理とは。メリット・デメリット・費用の相場など

任意整理の基礎知識

任意整理とは債務者と債権者が直接交渉をして借金を減額してもらう手続きです。

裁判所を通さずに行うので、手続きも簡単で費用も比較的安く済みます。

なぜ借金を減額できる?

任意整理では利息をカットすることで借金を減額することができます。この利息は2種類あり、グレーゾーン金利による「払い過ぎた利息」と「将来的な利息」です。

払い過ぎた利息

2010年に貸金業法が改正されるまで、利息の上限が利息制限法と出資法でそれぞれ違っていました。利息制限法は20%までなのに対し、出資法は29.2%だったのです。

貸金業者は出資法の29.2%を基準に貸し出していましたが、2010年に貸金業法が改正され、利息制限法の20%が基準となりました。

2010年以前に29.2%の金利で発生していた利息は「払い過ぎ」とみられ、貸金業者に返還を請求することができたのです。

これを過払い金と言います。この過払い金を回収して元金の返済に充てることで借金を減額できるのです。

将来的な利息

任意整理をしても貸金業者への返済は続きます。しかし、任意整理後の利息はカットしてもらうことができます。元金だけの返済になるので完済までの時間も短くなり、毎月の返済負担も減らすことができます。

どの程度減額できる?

任意整理によって借金がどの程度減額できるかは、借入の金額、期間、過払い金の有無によっても異なります。一例を上げると

借入の金額 150万円
月々の返済 5万円
過払い金 無し

この場合、このまま返済を続けると

返済総額 約200万円
返済期間 約3年5ヶ月
支払う利息 約50万円

毎月5万円も返済しても3年以上かかります。しかし任意整理をすることで返済期間を短くしたり、毎月の返済額を減らすことができます。

月の返済額はそのまま、返済期間を短く

月々の返済 5万円
返済期間 約3年5ヶ月 → 約2年6ヶ月

約1年ほど返済期間を短くすることが出来ました。

返済期間はそのまま、月の返済額を少なく

月々の返済 5万円 → 約3万7,000円
返済期間 約3年5ヶ月

月の返済額を約1万3,000円安くすることにできました。

無理のない返済計画を立てられる

返済期間か月の返済額か、どちらの負担を減らすかは債務者の収入や返済能力によって無理のない範囲で返済計画を立てることができます。

上記の例で言うと収入の中から月5万円の返済が負担でないなら返済期間を短くして早めの完済を目指したり、月5万円の返済が負担であれば返済期間を長くして毎月の負担を減らすこともできます。

任意整理は「通常の返済だと厳しい」借金を、無理なく完済できるように交渉する手続きなので、「完済」を再優先にして返済計画を組むのです。

<詳しく見る>借金をどのくらい減額できる?

任意整理のメリット

任意整理のメリットは大きく分けて下記のようなものがあります。

  • 催促がすぐに止まる
  • 利息のカット
  • 他人に知られることはない
  • 費用が安い・手続きが楽
  • 特定の貸金業者を選べる
  • 無理のない返済金額
  • 財産の没収がない

<詳しく見る>任意整理の7つのメリット

任意整理のデメリット

  • ブラックリストに載る
  • 元金は減らない
  • 応じない業者もいる
  • デメリットは少ない

<詳しく見る>任意整理の4つのデメリット

任意整理に必要な費用

まず始めに任意整理は自分で行うこともできます。あくまで貸金業者との任意の交渉だからです。

しかし、貸金業者とのやりとりは素人がやるのは非常に負担ですし、貸金業者側も相手が素人だと強気に交渉してきます。

ですので弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。

弁護士や司法書士に依頼した場合、費用の内訳は大きく分けて4つあり、着手金・基本報酬・減額報酬・過払い報酬があります。

任意整理を行う貸金業者の数や金額、過払い金の有無によっても異なります。

費用の相場

着手金 0円~40,000円
基本報酬 20,000円~30,000円
減額報酬 10%
過払い報酬 20%

<詳しく見る>任意整理の費用の相場

任意整理の期間・スケジュール

任意整理の手続にかかる期間・スケジュールはおおよそ3ヶ月~半年です。貸金業者との交渉次第で異なります。過払い金がある場合は少し長めになる傾向があります。

<詳しく見る>任意整理の期間・スケジュール

任意整理をするとブラックリストに載る?

任意整理をすると基本的にはブラックリストになり、完済から約5年間は新たなローンを組んだりクレジットカードを作ったりはできなくなります。

ただし、回収できた過払い金が多額で、元金の返済もすべて過払い金で充てれた場合はブラックリストにはなりません。

<詳しく見る>ブラックリストに載る期間

任意整理の基礎知識


    PAGE TOP