債務整理と住宅ローン

債務整理の基礎知識

住宅ローンの返済中の場合、債務整理をするとどうなるか

債務整理をするとなると、住宅ローンがどうなるのか気になる人も多いはずです。住宅ローンの問題は、債務整理の内容によって状況が変わってくるので、1つずつ説明していきます。

過払い金の返済請求の場合

過払い金の返済請求は、住宅ローンとは全く関係がありません。そもそも、過払い金の返済請求とは、支払いしすぎた利息を返してもらう制度のことです。債権者が法の定める利息よりもさらに債務者から取り過ぎていたので、それを取り戻すだけなので住宅ローンは問題外です。

したがって、過払い金の返済請求をしたところでマイホームを手放す必要はありません。

任意整理の場合

次に任意整理ですが、任意整理の対象に住宅ローンが含まれないため住宅ローンを組んでいても全く関係がありません。任意整理とは、督促をストップさせ、将来的な利息をカットするなど返済額を交渉し、今よりも良い条件で支払いが可能になるようにしていく事です。

そのため、任意整理を行ったからといって、住宅ローンが減額されるというわけではありませんし、マイホームを手放さなくても大丈夫です。もし、任意整理をしても毎月の返済が厳しい場合は、住宅ローンを組んでいる金融機関に相談する必要があります。

以上、任意整理の場合は住宅ローンは全く関係ないのでそのまま返済を続けていきましょう。

個人再生の場合

個人再生は、住宅ローン以外の借入総額を減額することができる制度のことです。住宅ローン以外の借入総額は5分の1、もしくは100万円まで減額する事が可能になります。個人再生なら、基本的にはマイホームを手放す必要がなく、その他の借金は減額されるので月々の返済が楽になるはずです。

ただし、個人再生を受けるには一定の条件があります。また、例えば住宅ローンの残高と現在の売却価格を比べた時、売却価格の方が上回ってしまうと個人再生を行うメリットがない場合もあります。

さらに、他の借入総額を減額できたとして、住宅ローンの返済期間を延長したとしても尚、返済が厳しい場合は個人再生ではできないので注意して下さい。

自己破産の場合

自己破産の場合、全ての借金が0円になります。という事は、住宅ローンも免除になってしまいます。自己破産の場合、住宅も競売にかけられるので、住宅を残すことも不可能です。競売にかけられると、相場は市場の5~7割ですが、この時、任意売却をすると市場価格の相場に近い値段で売る事ができ、引っ越し費用や退去猶予期間なども見てもらえます。

したがって、自己破産の場合、任意売却をした方が後々の事も考えると効率的と言えるでしょう。このように自己破産をした場合は、マイホームを残すことはできません。

以上、債務整理の内容によって住宅を手放す、手放さないはバラバラです。極力、マイホームを残したい場合は、自己破産にならないようにしましょう。

債務整理後は住宅ローンに通るか

債務整理を行った後、住宅ローンに通過するのかどうかは債務整理の種類によって変わってきます。

過払い金の返済請求の場合

過払い金の返還請求は、一昔前まで信用情報機関に金融事故として載っていましたが、そもそも支払い過ぎた利息を返還してもらうだけなので、ブラックリストに載ることがなくなりました。そのため、過払い金の返還請求を行っても住宅ローンは組む事が可能です。

任意整理の場合

任意整理の場合は、5~7年間は信用情報機関に金融事故として載ってしまうため、住宅ローンはもちろん、クレジットカードや消費者金融に申し込みをする事は難しいです。しかし最低5年以上経てば、金融事故が削除されるので住宅ローンを組む事もクレジットカードに申し込みをする事も可能になります。

したがって、一定期間ではありますが、住宅ローンを組む事は難しいです。

個人再生と自己破産の場合

個人再生や自己破産をすると、官報と呼ばれる国が発行する新聞に載ってしまいます。これに掲載されると全銀協と呼ばれる全国銀行個人信用情報センターに情報が載ってしまうため、最低10年間は住宅ローンを組む事が難しいです。

それでも、どうしても住宅ローンを組みたい場合は、ノンバンク系の金融機関で住宅ローンの申込をすると通る可能性があります。しかし、5~7年間はどうしても個人信用情報機関に傷が付いているため難しいです。

ただし最低5年が経てば、全銀協に加盟していない会社であれば住宅ローンを組む事は可能になりますが、金利が高いなどというデメリットはあります。もし、どうしても住宅ローンを組みたいのであれば最低でも10年待った方が無難です。

以上、債務整理と住宅ローンについてお話してきました。債務整理の内容によって、それぞれ状況が変わってくるので自分が何の債務整理を行うのかまずは調べておきましょう。どうしてもマイホームを手放したくない場合は、自己破産をしないが大前提です。

また、債務整理をした後でも住宅ローンを組む事は可能ですので安心して下さい。

債務整理の基礎知識


    PAGE TOP