債務整理後、ローンは組めるか

債務整理の基礎知識

借りすぎた借金を返すのは辛くて苦しいですよね。
債務整理をした後、住宅ローンや教育ローンを組む事はできるのでしょうか?

債務整理をすると住宅ローン、教育ローン、自動車ローンなどは組めるか

まず、過払い金請求の場合、信用情報機関に傷が付く事がないので債務整理をした後も住宅ローンや教育ローンなど新たに申し込みをする事は可能です。ただし、一昔前までは過払い金請求でもブラックリストに掲載されるようになっていたので、心当たりのある人は一度、自分の信用情報を確認しておくと良いです。

もし、過払い金の返済請求によってブラックリストに載った場合は削除する事ができるので安心して下さい。次に、任意整理の場合ですが、最低でも5年程度住宅ローンや教育ローン、自動車ローンを組む事が難しくなります。

なぜなら、信用情報機関に金融事故として任意整理をしたことが載ってしまうためです。つまり、最低でも5年間は新たにローンを組む事ができないので注意しておきましょう。では、個人再生と自己破産に関してですが、こちらは全銀協と呼ばれる全国銀行個人信用情報センターに履歴が残ってしまいます。

この場合、最低でも10年間は名前や事故内容が残ったままです。住宅ローンや教育ローンを銀行で申し込むとなった場合、最低でも10年間は申し込みをする事が難しいです。自動車ローンも同じです。

ただし、ノンバンク系の金融機関であればこの限りではありません。しかし、ノンバンク系の金融機関で住宅ローンや教育ローンなどを申し込むと高金利になってしまうのはもちろん、保証会社を通す場合は信用情報機関に問い合わせをするので最低でも5年間は記録が残っています。

したがって、最低でも5年間は申し込みが難しいと思っていた方が良いです。

キャッシングやカードローンなどは?

上記では、住宅ローンや教育ローン、自動車ローンについて説明してきましたが、キャッシングやカードローンも条件はほぼ同じです。ただし、過払い金の返済請求の場合は少し事情が違います。

ブラックリストに載る事がないので、どこからでも借入できそうですが、過払い金の返済請求をした金融機関からお金を借りる事は難しくなるので注意しておきましょう。任意整理に関しては住宅ローンや教育ローン同様、最低でも5年は新たに借入が難しいです。

また、個人再生や自己破産に関しても最低5年はキャッシングやカードローンを組むことが厳しくなります。任意整理と個人再生の場合は、完済から5年、自己破産の場合は破産免責から5年です。

ただし、個人再生と自己破産に関しては全銀協に名前が載せられます。そのため、銀行でカードローンを組むとなると最低でも10年間は申し込みができないので、最低5年というのはクレジットカードや消費者金融などの場合です。注意しておきましょう。

以上、債務整理後のローンについてお話してきました。債務整理の内容によってできる・できない、またはできない期間などが変わってくるのできちんと覚えておきましょう。

債務整理の基礎知識


    PAGE TOP