債務整理をすると賃貸契約が出来なくなる?

債務整理の基礎知識

債務整理をすると賃貸マンションや賃貸アパートの入居審査に通らなくなる。という噂があります。

基本的に影響はない

債務整理をすると個人信用情報機関に事故情報が記載され、ブラックリスト扱いになります。

しかし、賃貸契約の際に不動産会社がこの個人信用情報機関を参照することはありません。個人信用情報機関のデータはクレジットカード会社や銀行、信販系の会社しか閲覧できず、不動産業者が申込者の金融情報を閲覧することはできないのです。

家賃保証会社が必要な場合

賃貸契約の内容によっては家賃保証会社の利用を求めれる場合があります。最近になって家賃保証会社をつけなければいけないケースが増え、今では全体の40%を占めています。

では、債務整理をしてブラックリストに載っていると家賃保証会社の審査には通らないのか?と言うとそうではありません。

家賃保証会社には種類があり、利用する家賃保証会社によって通ったり通らなかったりします。家賃保証会社は大きく分けて4種類あり、

  • 信販系保証会社
  • 全国賃貸保証業協会(LICC)加入業者
  • 賃貸保証機構(LGO)加入業者
  • その他独立系

ここで審査に通らなくなる可能性があるのが1つ目の「信販系保証会社」です。

クレジットカードやキャッシングの審査と同じく、株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)を参照するのでブラックリストに載っていると審査に落ちてしまいます。

「全国賃貸保証業協会(LICC)加入業者」、「賃貸保証機構(LGO)加入業者」は加入業者同士での情報共有は行っていますが、ブラックリストとは別なので債務整理が理由で審査に落ちることはありません。

この2つに加入している賃貸保証会社は個人信用情報機関の情報を利用できないので、その分収入証明書など多くの書類の提出を求めてくる傾向があります。

家賃がクレジットカード払いの場合

家賃の支払いを賃貸保証会社発行のクレジットカードに指定している場合があります。この場合、クレジットカード発行の審査があり、そこで落ちてしまいます。

他人の賃貸契約の保証人も無理?

自分ではなく、他人の賃貸契約の保証人になる場合も家賃保証会社が絡むかどうかで決まります。

まとめ 家賃保証会社に注意

債務整理をした人が賃貸契約を結ぶ際、まず始めに家賃保証会社をつける必要があるか確認しましょう。なければブラックリストを理由に入居審査に落ちることはありません。

家賃保証会社をつける必要がある場合は信販系保証会社であれば入居審査に通るのは難しいと考えてください。

信販系保証会社以外であれば通る可能性は十分にあります。ブラックリストが関係しないは家賃保証会社は下の会社一覧を参照してください。

賃貸契約は基本的には債務整理に影響は出ない!そこでまだ、債務整理するか悩んでる人にはこちら!

賃貸契約と債務整理は基本影響が出ません!でも債務整理しようか迷っている方いませんか?
24時間匿名、住所も必要なく無料で診断できるサイトがあります!
それが「街角法律相談所」。まずは無料診断から自分の抱えている借金がどのくらい減額するのか確認してみてください!

24時間対応の街角法律相談所

全国賃貸保証業協会(LICC)加入業者

アーク株式会社
株式会社アルファー
エルズサポート株式会社
株式会社ギャランティー・アンド・ファクタリング
株式会社近畿保証サービス
興和アシスト株式会社
ジェイリース株式会社
全保連株式会社
賃住保証サービス株式会社
ニッポンインシュア株式会社
ホームネット株式会社
株式会社ランドインシュア
株式会社リクルートフォレントインシュア
株式会社レジデンシャルサービス

【参考】
全国賃貸保証業協会 正会員一覧より

賃貸保証機構(LGO)加入業者

ALEMO株式会社
株式会社Casa
日本セーフティー株式会社
フォーシーズ株式会社

【参考】
賃貸保証機構 会員企業

独立系

アールエムトラスト株式会社(元サラ金会社)
株式会社イントラスト(元サラ金会社)
SFビルサポート株式会社
株式会社CAPCO AGENCY
株式会社ナップ(元サラ金会社)
株式会社総商(AAAホールディングス)
日本賃貸保証株式会社(JID)(元サラ金会社)
株式会社セブン総合保証協会
株式会社イントラスト(元サラ金会社)
日本賃貸住宅保証機構株式会社
株式会社オーロラ
株式会社近畿保証サービス
ジェイリース株式社
新日本信用保証株式会社
株式会社アルファー

【参考】
Yahoo!知恵袋 【改定版】家賃保証会社の審査について

 

 

債務整理の基礎知識


    PAGE TOP