債務整理にかかる期間

債務整理の基礎知識

一番早く解決する方法は?

債務整理は、一口に言ってもいくつか種類があります。
では、何がどのくらいの期間に債務整理するのか見ていきましょう!

 

任意整理の場合

一般的には、裁判所の介入がない任意整理手続きをする場合は、弁護士や司法書士等の債務整理に精通する専門家に頼むと和解契約の締結までスムーズにいくと3か月~6か月で終了します。
しかし、個人で任意整理する場合多くのリスクがあります。
債権者側が話し合いになかなか応じてくれません。また、債権者側の制度の理解不足や知識不足で債務整理がうまく進まないこともあるようです。
このような状態が続くと、1年以上も債務整理が完了できない状態にもなりかねません

 

特定調停の場合

特定調停の債務整理をした場合、4~6か月程度で手続きが終わることが多いようです。
特定調停の申立てができるのは特定債務者であり、双方の話し合いがつかなければ問題解決につながりません。
一定の返済をすることが前提であり、全く返済の目処が立たない場合は、話し合いで合意出来る見込みはないのでこの方法は選択できないのです。

 

個人再生の場合

個人再生は、裁判所あを介する債務整理で弁護士や司法書士に依頼しても半年~1年はかかります。
なぜなら、裁判所に策定した要件を充足し、適正な返済計画を立てるという個人再生申立にいたるまで数か月期間がかかるからです。
そして、その前提として、毎月積立金を置くことが求められるため、自己破産手続きより若干債務整理に要する時間が長くなります。

 

自己破産の場合

自己破産で債務整理をした場合、弁護士に依頼してから10か月~1年程度の期間がかかります。
借金の件数や総額などの調査をし、書類の作成や提出書類の準備などがあるので申立書を裁判に提出するまで3~4か月程度かかる場合があります。
また、自己破産は破産決定で債務整理が終わるわけではなく、そのあとに免責許可決定を受けなければなりません。破産決定から免責許可決定まで3か月程度かかります。
そのため、他の債務整理の方法よりも期間がかかってしまうのです。

 

債務整理の中でも整理の方法によっては時間のかかり方が異なります。
それぞれの期間がわかったことで、自分にあった債務整理をすることの重要性がわかりますね。

債務整理をどこに相談するか悩んでいるいる人いると思います。そんな人に「街角法律相談所」です。

<まずは3つの質問を答えるだけの無料診断から>街角法律相談所

債務整理の基礎知識


    PAGE TOP