最初は三洋信販の無人契約機、30分足らずで借りれた10万円

借金体験談

ATMで操作する男性

私は、鳥取県に住む36歳の無職の男性です。
19歳のときに初めて消費者金融で借金をしました。

30分足らずで10万円も借りれた

「どこから、何故借金をしたか」
初めは三洋信販の無人契約機で10万円を借りました。当時私は製菓工場で働いていたのですが、
実家に入れるお金を給料から差し引くと、手元に残るお金はいつも僅かでしたから
友達との付き合いや小遣いなどでいつも困っていました。
そんな頃、テレビで盛んに消費者金融のCMが放送され、誰でも気軽に借りられるような
イメージが宣伝されていました。
私はある月末にお金が残り少なくなってしまい、もしかしたらと言う思いで
無人契約機の中に入店しました。
すると、30分もしないうちにすんなりと10万円を借りることができました。
それからしばらくは借金をすることはなかったのですが、数年後他県の工場で派遣社員として
働き、中途退社して実家に帰った際、仕事の空白期間の間にまた借金をしてしまいました。
その時はキャッシングの枠が増額され、50万円になっていましたから、何となく気分的に余裕でした。
しかし、空白期間は長引き、あちこちの消費者金融で借金を繰り返した私の借金は
総額200万円を超えていました。

毎月の返済日がプレッシャーに

消費者金融での借金では利息が重くのしかかります。もちろん契約時に利息は確認していますから
納得した上で借りている訳なんですけど、その後の経済状況の変化で、当初の計画はあっさり
破綻してしまうことがあります。
苦しかった事の一つは返済日でした。私は最終的に合計8社に借金をしていたのですが、大体どこも返済日が似通っているのです。そして返済日までに何とかお金を用意しなければいけないプレッシャーで、
毎月精神的に追い詰められていきました。
もう一つは実際に支払いができなくなった時の業者の追い込みでした。
毎日朝になるとまず電話が鳴り、「支払いはできないのか」「働けないのか」「誰かに頼れないか」
と言った文句で督促のラッシュが始まります。その後電話に出なくなると、消費者金融の社員が
入れ替わり立ち代り訪問してきます。これが夜まで続きます。
家族に居留守を使ってもらう申し訳なさとお金を支払えない情けなさで、だんだんと心が
消耗していった感じを覚えています。

消滅時効の援用

「最終的に借金は解決したか」
数年前に私のほぼ全ての債務が時効を迎えたので、消滅時効の援用と言う方法で
借金を終わらせることができました。
今後は借金をせずに地道に暮らしていきたいと思っています。

借金体験談


    PAGE TOP