親族間や友人間でのお金の貸し借りはトラブルの元

借金体験談

通帳と1万円札

現在29歳、関東で食品卸売の会社に勤めています。
お金の貸し借りについては、数年前働きだした時に親戚に貸したことがあります。貸した相手というのは私の叔母で、金額は30万円程でした。

リボ払いではなかなか終わらない返済

もともと買い物が好きでよくクレジットカードを使って買い物をしていた叔母なのですが、カードを何枚も持っていてその大体をリボルビング払いに設定していたので中々返済が終わらないといつも言っていました。私自身、クレジットカードのリボ払いで苦労した経験があったので、人ごととは思えず話をよく聞いていました。

ある日、今リボ払いの残高がどれくらいあるのかと聞くと30万円あると言われました。月々の支払いは1万円ぐらいだというので、それではいつまでたっても返済が終わらないよと私が注意しました。

利息がもったいないので一括払いに変更

どうやら叔母はリボ払いでついてくる利息の事をあまり理解していなかったようで、一括払いの場合とリボ払いの場合ではどれくらい返済金額が異なるか説明するとすごく驚いたようでした。そんなに利息が付くならもう利用したくないというので、じゃあ一括払いに変更すればというと今そんなにまとまったお金は持っていないという事を言われました。

この時仲のいい親戚とはいえあまりお金の貸し借りをするのはよくないかなと思いつつ、叔母に損をしてほしくないなという思いもありましたので、私がカード払いを肩代わりするという話を持ち掛けました。30万円を渡すからそれで、クレジットカードの支払いを精算して、それから徐々に私に返してくれればいいという申し出ると叔母は少し申し訳なさそうでしたが私の申し入れを受け入れ、お金を借りることにしました。

結局毎月1万円、余裕があるときは2万円ずつ返してもらうという約束でお金を貸しました。叔母からは毎月銀行に振り込みがあり、特に問題もなく無事に30万円返してもらうことが出来ました。

大切なのは信頼関係

叔母は、やはりお金を借りたという事が身に染みたようで以後はクレジットカードでの買い物を控えリボ払いもしないようにしているようです。親戚間でのお金の貸し借りはトラブルの素なので本当はやらない方がよいのでしょうが、普段から信頼関係が築けている間柄だったので今回は貸し借りをすることができました。

ただ、どちらもあまりいい気分がするものではないので自分は親兄弟親族には絶対お金を借りないようにしたいと改めて実感する出来事でありました。友達にも絶対お金の貸し借りはしないようにしています。

借金体験談


    PAGE TOP