貸した相手は古くからの友人 彼女の顔を見るたびに憂鬱になる毎日

借金体験談

手を組む主婦

わたしは現在41歳、女性です。専業主婦をしています。山口県在住です。
現在まさにお金を貸している立場で、不安を抱えています。

2万円くらいなら・・・と貸してしまった

ことの発端は、友人からの電話でした。その友人はわたしの古くからの友人であり、彼女の家族や旦那さんがどんな仕事をしているのかということも知っています。また自宅も近所なので、一日に一回は会話を交わす中です。

そんな彼女がお金を貸してほしいと言ってきたのです。はじめはこれから家にいってもいいかといわれ、うちに来てから詳しい話をしてくれました。その内容は、彼女は生活費に困っているということでした。旦那さんの定職があるのになぜ?と思いましたが、旦那さんの会社の経営が傾きつつあり、給料が滞っているということ。でも彼女は旦那さんに貯金は少しあるから大丈夫とウソをついてしまったそうです。それでもはじめの1ヶ月は貯金で生活できたけれど、その後生活をするお金がないというのです。旦那さんはそんな会社はもう諦めて転職活動をしているけれど、年齢的になかなか見つからない。でも心配をかけたくないので、お金がないことを言い出せないというのです。

彼女が貸してほしいといった金額は2万円でした。それくらいならと思ったので、2万円を貸したのです。

返済がないまま頻繁に借りに来るようになった

その後彼女が頻繁にうちを訪れるようになりました。そしてちょこちょこお金を貸してほしいということがあり、現在は合計12万円にも上ってしまいました。私はこれ以上もう自分の家計に響くようなことはしたくありません。

貸した私もバカだと今思っていますが、彼女の旦那さんもいつ仕事が決まるかわかりませんよね。きちんと収入がないために始めは返済が出来ないかもしれません。そう思うと私の不安だけがつのってきて、不安でならないのです。

ありがとうの言葉さえなくなってしまった友人

わたしにも少し油断があったのかもしれません。彼女はご近所さんで友人、そして持ち家もあるので、逃げることはないだろう。いざとなれば旦那さんに訴えればいいしと思ってしまったのですね。

その思いで貸したのですが、最後に貸した時には、もうありがとうの言葉さえもないことに気が付き、私はちょっとこの彼女に貸したことは間違いだったのではないか?また騙されているのでは?と彼女を疑うようにもなってしまったのです。

貸した私にも責任はあるでしょう。また、貸したお金はかえって来ない物と思っていた方がいいのかもしれません。未だに自分の気持ちの整理もつかず、彼女の顔を見るたびに憂鬱になる毎日で不安です。

借金体験談


    PAGE TOP