実兄の入院、事業失敗などで親の遺産まで貸す羽目に

借金体験談

頭を抱える男性

現在44歳で大阪府泉南市在住の男性会社員ですが、お金を貸した経験があります。

お金を貸した相手は私の実兄です。 貸したお金の総額は205万です。

入院での手術に続き事業失敗で無収入になった兄

最初に貸したのは10年前で、この時兄が入院をしてその手術費用のためにお金を貸して欲しいと言われました。
さすがに手術のためと言われれば貸さないわけにもいかず、返済期間とかは慌てないのでと貸しました。
しかし貸したお金は戻ってきませんでした。

それから3年後に兄が自営業に失敗し収入が無くなりました。
生活費用としてお金を貸して欲しいと毎月5万ずつ無心にきました。
この時親の遺産を手をつけず残してありました。
私が貸すというよりは、もし親が生きていたなら兄にお金を貸すだろうなと思ってお金を貸していきました。
しかしこれがズルズルと続き、結局155万新たに貸すことになりました。
150万貸した時点で親からの遺産すべて貸したことになり、プラス5万はこれが最後のお金だ、親の遺産はすべて兄自身に貸してしまったからもうないぞと言って私のお金を貸しました。

しかし貸したキリで返却はまったくされませんでした。
元は親の遺産ですし、私はお金に執着がないので150万は遺産がなかったものとあきらめてました。
ただ、自分の懐から出した55万は返して欲しいとは思ってました。

毎月1万円ずつの返済

お金が返却されだしたのはそれから5年後で私が40歳になった時です。
私の家に来てお金を返そうとは思ってること、205万借りてることをわかってること、返却に当たって月1万ずつでもいいかと言われました。
半ば諦めていたお金ですし、月1万でも返ってくるならいいかと思ってこの返却方法を受け入れました。

最初は銀行振り込みで一万ずつ振り込まれていましたが、そのうち手渡しになりました。
というのも同じ銀行口座なのでATMを利用して振込みをすれば手数料はかからないのに、なぜかATMを兄が利用しないので振込み手数料がかかってしまう、それを浮かすためにって話でした。

返済を口実に家事をさせる兄

これは事実なんでしょうが、おそらくこれを口実にして私と会う日を作って溜まった家事を手伝って欲しいってことだったんだと思います。
お金は毎月キッチリ返済されてはいるものの、お金を受け取るために実兄の家に行って台所に溜まった皿洗いや衣類の洗濯や掃除させられてるのですから、正直面倒って感じます。

数日分ならまだしも衣類は一か月分溜め込んであるので家事を終えるのに半日かかってしまうほどなんです。
今は返済から4年経過して約50万返却されましたが、これが続くのであれば残りの150万は親が兄にあげたものと割りきって諦めてもいいかなとか思ってます。

借金体験談


    PAGE TOP