債務整理とは?任意整理、自己破産、個人再生の違いについて

債務整理の基礎知識

債務整理とは

債務整理とは、複数件の債務(借金)を法律などにしたがって整理することを言います。

債務整理には、任意整理、自己破産、個人再生等の方法があります。
他にもおまとめローンや過払い金返還請求も債務整理といえるでしょう。
ここでは、債務整理のそれぞれの種類のメリットとデメリットを簡単に紹介していきます!
債務整理の種類

過払い金返還請求

メリット

  • 裁判所を通さずに弁護士や司法書士が貸金業者と交渉するため、比較的簡単に周囲に知られずに手続きすることが可能
  • 完済した後に過払い金返還請求をした場合、ブラックリストに載らない
  • 完済した後に過払い金返還請求をした場合、払いすぎた利息が返ってくる場合もある

デメリット

  • 返済中の過払い金請求は債務整理として扱われるため、その場合5年程度はブラックリストに載ってしまう。その間は新規の借り入れやクレジットカードの利用、ローンは組むことが出来なくなる
  • 完済して10年経過すると過払い金請求できる権利は消滅する
  • 過払い金請求をすると、多くの場合その金融業者からはお金を借りることができなくなる

任意整理

メリット

  • 裁判所を通さずに弁護士や司法書士が貸金業者と交渉するため、クライアントの負担が軽減され、周囲に知られずに手続きすることが可能
  • 弁護士や司法書士に依頼することで、借金の督促が止まる
  • 過払い金が発生していた場合は、臨時収入として受け取ることができたり借金が減額になる

デメリット

  • 5年程度はブラックリストに載ってしまうため、その間は新規の借り入れやクレジットカードの利用、ローンは組むことが出来なくなる

自己破産

メリット

  • 借金が免除される
  • 客観的に支払いが困難であれば誰でも手続きが可能
  • 申立後は貸金業者から取り立てが止まる

デメリット

  • 10年以内は信用情報ブラックリストに載ってしまうため、その間は新規の借り入れやクレジットカードの利用、ローンは組むことが出来なくなる
  • 官報に掲載される。
    官報には、氏名、住所、自己破産を決定した日時等が掲載されてしまう。
  • マイホーム等の価値ある財産は処分されることがある

個人再生

メリット

  • 住宅ローンがあっても自宅を手放さなくて済む
  • 借金が大幅に減額される
  • 自動車等、20万円以上の価値あるものを処分せずに手続き可能

デメリット

  • 10年以内は信用情報ブラックリストに載ってしまうので、その間は新規の借り入れやクレジットカードの利用、ローンは組むことが出来なくなる
  • 官報に掲載される。
    官報には、氏名、住所、自己破産を決定した日時等が掲載されてしまう。
  • 債務整理の中で一番手続きが複雑なため、費用、手間、時間がかかる

結局どの方法がいいの?

4つの方法を紹介しましたが、結局自分にどれがあってるのかわからないというそこの貴方!
はっきり言って素人が解決するのは難しい問題なので、早く弁護士に相談しましょう。
でも、いきなり弁護士事務所に相談に行くのはちょっとハードルが高いですよね。
無料かつ匿名の債務整理シミュレーションサイトで、貴方に適した債務整理方法はどれか診断できます。
数ある債務整理シミュレーションの中でも、メールアドレスと電話番号のみで診断が可能な街角法律相談所がおすすめです。
スマホ用街角へのリンク

債務整理の基礎知識


    PAGE TOP